怖いくらい通じるカタカナ英語の法則の、もう一つの法則








この本はカタカナ発音で強引にネイティブっぽく発音する方法が書かれています。インチキ臭そうですが、これがまたかなり効果的なんです。 カタカナ発音とネイティブの発音を確認できるCDも付属していますし、後半の発音法則も使えます。マスターの秘訣は70回発音すること。脳学者の池谷さんが言うのだから説得力があります。なぜ日本人にとって英語が難しいのかを脳科学的見地から説明してくれます。

今すぐ役に立ちそうな例として、母音の挟まれたtはラ行になる・aはエイと発音する・oはアと発音する・英語にイの発音はないのでiはエと発音するなど。本当に米語(イギリス英語はちょっと違うようです)っぽく聞こえてしまうのです。

でも知合いの英語に関心のある日本女性(外国の知人はいないので)に向けて読んでいると、怪しい発音に聞こえるのか、かなりウケてしまいます。なので恋人同士や友人や同僚と一緒に発音練習すると楽しいし、コミュニケーションツールとしても使えますよ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/11/13]











ブログパーツ アクセスランキング