村上春樹氏のインタビュー動画(短め)に対する海外反応








2011年のスペインのカタルーニャ国際賞を受賞した時の質疑応答のようです。

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、アメリカ文学翻訳家。随筆・紀行文、ノンフィクションの著作もある。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒業、ジャズ喫茶の経営を経て、1979年『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。

日本国外でも人気が高く、2006年、特定の国民性に捉われない世界文学へ貢献した作家に贈られるフランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後ノーベル文学賞の有力候補と見なされている。



超誤訳:僕は姉妹も兄弟もいなくて、家では一人ぼっちでした。そこで僕を救ってくれたものが3つあります。それは猫と本と音楽です。今でも音楽は、小説を書くことの手助けになっています。小説を書くことはとても孤独な作業で、一人で行わなくてはいけません。書き続けるためには、何らかの手助けが必要です。音楽はその一つなのです。僕はいろんな音楽が好きで、ジャズや現代音楽やクラッシックなど、良い音楽なら何でも好きです。ですが、小説を書いているときに音楽は聴きません。書くことに集中しています。でも何も書いてないときは、様々な音楽を聴いています。



アメリカ|村上のTシャツ姿がすごくセクシー。ステキ

ロシア|世界最高の作家のひとりだ。+38

アメリカ|ムラカミ、愛してます +12

・お気に入りの作家なんだ。でも彼のスペイン語にはちょっとがっかり +3

・スペイン語だって?? これがスペイン語に聞こえるの?



コロンビア|あなたのイマジネーションには本当に衝撃を受け、たくさんの訳の分からない出来事に腹がたったりもしますが、読むことをやめられません。

フランス|これは貴重映像! 私は日本人で、日本語で彼の本を読んでます。でも彼って滅多に日本のメディアで話さないんです。

アメリカ|1Q84は私が読んだ中で一番だよ。

ドイツ|いま読んでる最中なんだ、イェイ。でも悲しいかな、彼の本って映画になりようもないだろうね。少なくとも小説に匹敵するような映画は作れないよ。思いやディティールが恐ろしく深いところまで描かれているし、映画で表現するのは不可能さ。



台湾|1Q84の感想は一言、無駄骨。時間のムダ。そう思ってるのは私だけじゃない。こんな本を読む前に先にネタバレでも読んでおけばよかった、って誰か言ってた。ほうほう。

アメリカ|1Q84はアートとエンターテインメントの完ぺきな融合だ。特に牛河の章が面白かった。+5

カナダ|英語がとても上手いね

イタリア|偉大な作家だ。ありがとう、ムラカミ先生

アメリカ|「ねじまき鳥」をちょうど読み終わったところ。すごい話だったよ。次は「世界の終り」で、その後に1Q84を読むんだ。投稿感謝。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4) ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)



オーストラリア|ため息のつき方や、「キャット」と言った後で頭ゆするところがいいね。それと「ミュージック」と言ってうなずくところが。

イギリス|ユー・アー・ザ・ベスト。あなたの本が大好き



動画先のコメントに1Q84のネタバレが書いてあるので、お気をつけ下さい。

以上です、ではまた。


1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)
村上 春樹

1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編 (新潮文庫) 1Q84 BOOK3〈10月‐12月〉後編 (新潮文庫) 1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉後編 (新潮文庫) 1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編 (新潮文庫) 1Q84 BOOK3〈10月‐12月〉前編 (新潮文庫)

by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/10/01]











ブログパーツ アクセスランキング