ゲーム「ファイナルファンタジー タクティクス」の海外アマゾン評価レビューの和訳








シミュレーションRPG史上最高の売上を記録した作品。従来のFFシリーズとは異色の重厚なストーリー展開に打ちのめされた方も多いのでは。また、海外の方はSRPGに対してどのような感想を抱いているのでしょうか。(PSP版「獅子戦争」のレビューは含みません)

以下ネタバレが含まれますので、ご注意下さい。 現時点で、米アマゾンは総179レビューで星平均4.5で、英アマゾンはレビューなしです(残念ですね、知られていないのでしょうか)

50人中、48人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
・★★★★★「忘れられた傑作
良いゲームにはそう認知される過程において、多くの兆候が見受けられる。FFTには少なくとも二つはある。1)暗黒時代のPS1にて、このバトルシステムを真似た二番煎じを産んだこと。2)ファンの要求で、再販しなくてはいけなくなること。
グラフィック:Aランク。もちろんスーパーファミコンでも再現できそうな映像だ。でもこのゲームは過剰なほど映像に力をいれることはしない。テトリスに映像美が必要か? パズルゲームにそんなものは全く必要ない。それと同じで、FFTは戦略ゲームなのでグラフィックに凝る必要はないし、細かすぎると多分プレイに邪魔で障害になっただろう。

音楽:Aランク。FFTのサントラが史上屈指のゲームサントラだという人もいるだろう。私はそこまでかどうかはわからないが、この音楽はゲームと完全にフィットしていると言わざるを得ない。このゲームは無数のバトルがあるが、その曲はバラエティに富む。音楽は剣を抜いて敵を倒すこの世界に我々を引きこむ。 ゲルミナス山岳、スウィージの森、バックファイア、ボス戦のテーマは私のお気に入りだ。

FINAL FANTASY TACTICS Original Soundtrack



ゲーム性:戦略ゲームは時として「難解」と同義語になる。私も実に難しいと思う。だが学ぶ必要はない! 直感的にわかるバトルシステムなのだ。動く、行なう、待機が3つの主要なコマンドで、一時間もすれば馴染んでくる。キャラにいろんなものを装備させられる。読んでて退屈とは思うが、でも「購入、メニュー終了、売る、戻ってセーブ、装備」などのみんなの退屈な行為をとても簡単にした "試着室"と呼ばれる便利な機能がある。このゲームで厄介なのが戦闘だ。人によっては馬鹿みたいに簡単な所もあれば、予めレベルアップが必須な所もあるだろう。FFTはFF5にあったジョブシステムを復帰させ、いろいろとカスタマイズができる。

ストーリー:ここが一言付け加えなきゃいけない所だ。翻訳に関しては、スペルミス、訳のわからない言葉や句読点がおかしく、たまに何が起こっているのか理解できないことがある。面白いと思ったのは、ほぼ全ての戦いにおいて死ぬ危険を孕んでいること。私にとって、話は二の次だ。これはわかる人だけわかってくれればいいし、そうじゃなくてもいい。ほとんどバトルして、音楽を聴くためにプレイする感じだ。

結論:私は5点のうち、4.5の星を与えたい。 でもこのゲームにはリプレイ価値がある。 30時間でやり終えることができるが、恐らくもう30回はプレイできる。ノープロブレム。

コメ1(イリノイ州)
製作者はこれを開発していたとき、より優れたグラフィックにしたかったんだと思う。全魔法を見てほしい。君はストーリーが気に入らないの?! 一番とはいえないけど、僕がやったなかで最高の一つだよ! でもゲーム性に関してはそのとおり。今までで最高のSRPGで、最高のゲーム体験なんだ。
orz... 9年前のレビューにコメントしてたのか、いま気付いたよ(※上の記事は2001年のもの)

本人
それでもコメントは嬉しいよ。サンクス! 9年前以降このゲームはやってない。次に奥から引っ張り出してやるときは、ストーリーに注意してみるよ。

コメ2(オハイオ州 ウォーレン)
大人になってまたやってみるのもいいよ。その根底にある沢山のモチーフや、登場人物たちの心情や動機がよくわかるから。僕がプレイした12歳の頃よりはね。



43人中、40人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
・★★★★「優れた戦略RPG」(ニューヨーク)
幾分偏った意見になるかもしれないが、FFTは僕のお気に入りのゲームであり続けている。全然戦略ゲームのファンなんかじゃないけど。

FFTは、世界はあまりにも複雑で、自分が思っているほど単純じゃないことを知った若い兵士の冒険物語である。親友は彼の家族や仲間たちを裏切り、怪物へと変貌していく。彼は旅や内戦や英雄的行動を通して、数々の戦い巻き込まれ、同志や仲間たちと共に、戦術的に戦闘の達人になることを学ばねばならない。

発売当時では最高に厳かなオープニングCGだったし、今日でさえかなりの出来栄えだ。音楽も本当に豪華だ。僕はサントラを買って、少しも後悔はしてない。メインストーリーを進める間でも、別の冒険や仕事を引き受けられるし、途中で僅かだが臨時収入を得ることができる。それに(君が鋭いなら)スクウェアゲームに関する内輪ネタも見つかる。

プレイ中ずっと見ることになるSD化(スーパーディフォルメ)されたキャラクターは可愛い。とてもいいデザインだ。大部分は角度調整可能な3D視点で見ることになる。今(2002年)だと驚くほどではないけど、上手く出来ている。キャラは職業のスキルを幅広く習得できるし、魔法使いからモンクや戦士までに及び、各々が特定の才能や力を持っている。特別な能力もあり、経験値を得ることで無数の成長のさせ方ができる。

全体として、話の展開もいいし、豪華な音楽と、スムーズでよく考え抜かれたゲーム性を持った実に楽しいゲームだ。戦略ゲームが好きな人なら誰でもこれを楽しめるだろう。



25人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
・★★★★★「時を超えた名作--7年後の今でもハマっている(2005)」(フロリダ州 ペンサコーラ)
長所:重厚で複雑なストーリー、中毒性のある面白さ、美しいグラフィック。

短所:視点の見にくさ、後戻りできないセーブポイント。

FFTは何度もやり込める稀なゲームの一つなんだ。楽しくて没頭しちゃって、かなりハマっちゃうよね。かなり前のゲームだけどコンプリートに50時間以上はかかるだろし、すごい完成度だよ。

FFTは、複雑なプロットとユニークなゲーム体験という二つの素晴らしい長所がある。それらは3D、ターン制のバトル、いろんなジョブやスキルを使って自分のパーティーキャラクターを成長させていくおなじみのRPG的要素を、ほぼ完璧に統合した結果なのだ。この気高くて重厚な要素が、つまりはこれを好きになるか嫌いになるかの分かれ目なんだろうけど。

プレイするのはかなり複雑で、学習曲線は比較的高めかな。でもゲーム開始前に初心者向けに基本を学べるチュートリアルが用意されている。でもご注意を。全チュートリアルをこなすのに1~2時間ほどかかると思う。似たようなゲームで腕を慣らしておくことを強くお勧めしたい(例えばヴァンダルハーツとか)。

ヴァンダルハーツ ~ 失われた古代文明 ~ PS one Books



ストーリーはゲーム自体の面白みをも凌駕する。注意深く書かれたシナリオは緊張感があり、ハラハラしながらも次の展開を待ち望んでしまう。物語の出来事は、文学や映画、言うまでもなくゲームでさえ滅多にお目にかかれない繊細で優雅な側面を併せ持つ。でもその複雑さがゲームの妨げになることも。僕はしばしば何が起こっているのか把握するため戻ったりしなくちゃならなかった。それを見越したスクウェアの設計なのだろう、幸運にも場面の要約を確認できる。この要約機能はゲーム進行とともに更新される。

評決:FFTは偉大で永遠のゲームなのだ。何年たとうがまたやってしまうし、君もそうなることを願うよ。




4人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
・★★★★★「FFTはスクウェアから再販される(2001)」(フロリダ州)
僕はこのゲームをネットで法外な値段で売っている奴をたくさん眼にした。もうすぐスクウェアから再販されるよ。とてもいいプロット、たくさんのサブクエスト ジョブチェンジで別のキャラになれる。我慢すればお金を節約できるよ。 でも待てないようなら、どうぞ高値を払ってみては。 このゲームはその価値がある。



発売当時アメリカでは、手に入りにくいレアなゲームだったみたいですね。

10人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
・★★★★★「始めから終わりまで手応えのある楽しさ」(コネティカット州)
FFTは、FF7やFF8に比べると原点回帰したようなゲームだ。キャラはポリゴンではなくドット絵だ。ダンジョン探索はなく、次へ進むために延々と戦略バトルをするのみ。好みなら先も読んでみてほしい。

君のパーティーに敵対する者たちと、直接対決する場面を想像してほしい。敵は君と同じ強さや弱点を持っている。敵が君の弱点につけ込んでくる時、君だって彼らの弱点を逆手に取れる。自分のパーティーに召喚士がいれば、敵のナイトは君の召喚士が動く前にすぐにやってきて、2撃ほどで倒すだろう。逆の立場だったら、君も同じようにするのでは? これはこのゲームの一例でやりごたえがある。このゲームは戦略とキャラクター管理が中心だ。そう、かなりキャラをカスタマイズできる。キャラに無限のバリエーションを持たせられるし、技術的にとても奥が深い。

ストーリーは典型的なFFモノで、教会と貴族の腐敗がテーマだ。国に反旗を翻そうとする者の話のようだが、何か強い力によって操られている。とても沢山の人やイベントがあるので、このゲームは出会った人や話を記録する機能がある。遭遇した場面の再現機能もある。中断して4ヶ月後に再開しても、この機能で参照できて流れを確認できる。話は文句なしにすごいし、とてもオリジナルで、とんでもなく革新的だ。

このゲームはすぐに難しくなる。大体戦闘には1時間くらいかかる。そう見積もっていい。生き残って敵を5人倒すのに1時間はかかるだろう。先にも言ったけど、このゲームは難しいし、初期の戦闘でも難しい。このゲームをするときはいつも、どんなに知り尽くしていても難しい。でもそうだからこそ何度でもやりたくなるのだ。

グレイテストヒッツとして再販してくれたソニーに感謝。幸運にも出荷した時に買うことが出来た。どこにも見つからなくて飢餓感を煽ってから出荷して買わせる。スクウェアの商法だよ。だから手に入るうちに買ったほうがいいぞ。そして家族に1ヶ月のお別れのキスをしよう。だってこれで遊ぶために、部屋にこもりたくなるからね。



SRPGが苦手で受け付けない方も結構いらっしゃるようです。

25人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
・★「プレイ不能でイライラする、さっさと忘れたい戦略ゲーム
FFTは、チェスのように5人を並べて、いろんなジョブやスキルや呪文や武器を使って敵を倒すゲームだ。ジョブだスキルだキャラの組みわせだとたくさんの要素がごちゃまぜで、人によってはかなりフラストレーションが溜まるだろう。

長所:
・グラフィックはいいしシャープだ。
・ジョブシステムがこのゲームの一番の見所。キャラは戦闘中、習得した2クラスのスキルをそのまま使うことができる。以上。

短所:
・キャラが判別しにくい。視点角度を変えても死角になるところがたくさんある。
・行動範囲。ひどい死角のおかげで、先を読んで動かす必要がある。1,2マス空くだけで攻撃できず、そのターンは無駄になる。
・味方のAIキャラがひどい。護衛する必要のあるキャラは、自殺するのかと思うほど突っ込んでいくし、助ける必要のないキャラは全く怠けたままだ。
・難易度が高いときに、キャラのレベル上げにかなりの時間を注がねばならない。ひどく簡単なところがあるかと思えば、運でしか勝てないようなところがある(ボスの一撃で複数がやられることも)。助ける必要のあるAIキャラが最初の行動でいきなり死んでしまうこともある。とても腹立たしい。
・戦術などない。唯一の戦術は、5人でまとまって一度に一人の敵を袋叩きにすることだ。まあ他のやり方も試してみるのも結構だが。

結論:
こういう混乱したものに手を出さないほうが身のためだ。壁に頭をぶつけることが楽しいなら、君にうってつけだよ。

コメ
いくつかのバトルにタフなものもあるけど、ちょっと先を読むだけでどれも乗り越えられる。一番大事なのはレベルじゃなくて、君の学習能力にある。レベルが上がって変化するものはHPとMPだけで、それもちょっとずつだ。その数値だってレベルよりも君のキャラの職業や装備で変わってくる。君が戦況をどのように見て、どの能力を選ぶかによって、戦闘は易しくも難しくもなる。

動作に関しては君の言うことが理解出来ない。シミュレーションRPGはどれもこんな感じだ。敵やひとマス飛び越えて攻撃なんかできないし、戦略にならない。それは普通のRPGだ。AIに関してはまさにその通り。馬鹿なAIでも負けなかったけどね。でもなんでそんな行動を取るのかさっぱりだよ。

僕はボスに一撃でやられることもなかったし、1ターンでキャラが殺されることもなかった。君が経験したこととは全く違ってた。適切な武器や能力で、それほどレベル上げに時間を費やさなくてもいいし。でもスキルを学ぶ時間は必要だけど。このゲームを通して敵を袋叩きにする必要なんてそれほどなかったよ。進行を中断してスキルを学ぶ時間が必要なことはかなりあって本当にイライラするけど、FFTアドバンスやA2よりかは早いよ。



33人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
・★「混乱した戦術」(マサチューセッツ州)
このゲームを全く進めることが出来なかった。コツも掴めなかった。だから始めてすぐにやめたんだ。俺はどっかに行けるようなゲームが好きなんだ。買った時どんな内容かよく知らずに買ったんだよ。他のやつは気に入るかも知れないけど、俺はダメだったね。



31人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
・★「意味なし!」(キッズレビュー)
ボクはこのゲームにほんとがっかりしたんだ。全部...このゲームはゲージュツだって聞いたからさ。ボクはプロのゲーマーじゃないけど、でも絶対これってプロ向けのゲームだよ!プロじゃないとホント無理だと思う。絵は貧素で、キャラの名前がヘンテコだし、お話もつまんない。キャラもバカで、キャラの家系とかよくわかんない。異母兄弟みたいのがたくさん! ラムザとかホント変な名前だよ。男の娘みたい。説明書の絵だとまさに女の子だもん! だからボクはずっと彼か彼女かわからなかったんだ! で、このゲームは「よくない」ということでボクの答弁を終えたいと思います。



49人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
・★「ゲーム史上一番やる意味がない」(シドニー)
FF12で失望した後、とても有名で、FFシリーズををめちゃくちゃにしたこのプロデューサーが作ったものに興味があった。そのルーツを辿ってFFTをやってみた。

ゲームの制約や不自由さを楽しむ人がいるけど、それがこのゲームを楽しむ唯一の方法だよ。FFTはイラついてフラストレーションも溜まるし、何の報いもない。これが偉大なゲームだなんて言ってる奴はどこかおかしいんじゃないか。

バトルを楽にするためにレベル上げに時間を割くなんて、そんなの絶対間違ってる。オレは100時間レベル上げに費やしてもボスが倒せない。敵より30もレベルが上なのに。正気かよ、こんなのダメだろ。ボスがとても強いし、敵より30以上でも一撃で全滅させられるんだぜ。みんな30以上で、その時点での最強装備で臨んでもだよ。どうすりゃいいんだ?

今後プロデューサーが同じなら、オレはこれを最後にFFシリーズから手を引こうと思っている。何の意味もない。このゲームが歯ごたえがあって面白いなんて言ってる奴にとっては、オレなんかゲームをやる資格すらないのかもな。できるならコイツにマイナス5星をやりたいくらいさ。

コメ1(マサチューセッツ州)
戦闘では戦略的にキャラを動かせるか、君の脳みそが試されてるんだよ。それが戦術ってもの。僕はこれをプレイして一度も問題なかったけど、問題解決能力のない人には向かないだろうね。

本人
プレイヤーの努力が報われないゲームなんか作るべきじゃない。オレはいっぱいSRPGをやってきたけど、とてもいい経験が持てたし、クリアに100万回もバトルしなくちゃならないこのゴミとは違ったよ。20もレベルが上なのに遠くから一撃でやられることが「戦略」ゲームだとみんな思ってるとは笑っちゃうよな。そういう奴らがいるからこんなゲームが作られるんだろう。ニッチなファンを喜ばすためだけにさ。

コメ2(カリフォルニア州 サンディエゴ)
貴方の主張は尽く的外れだよ。真の戦略ゲームの本質は、レベルどうこうの問題にあるのではない。レベルがいくら高くとも勝利は担保されない。このゲームは、君が行なう戦術にかなり依存する。レベル、今までの経験などは忘れたほうがいい。勝ちたいのなら、頭を使ってジョブポイントを配分して、地形に留意して敵の行動を把握することだ。ちなみに私が最近クリアした時は、追加ダンジョンを含めてレベル46だった。



38人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
・★「くだらないゲーム」(キッズレビュー)
ハイ、私を覚えてる? そう、FF8をレビューしたリッチガールよ。とにかくFFTは地球上で最低のゲームとして評価するわ。私はプロゲーマーじゃないけど、このゲームは本当にフェアじゃないしバカげてる。ときどき7対4とかで戦わなきゃいけないし、劣勢で挑まなきゃならない。始めは好きだったけど、戦闘は長いし単調。先にFF8をやって、ファンシーなものに慣れてたけど、このゲームはくだらない話、くだらないグラフィック、くだらない操作感、くだらない音楽とひどいキャラクターなの。もうたくさん!! このゲームには素敵な男子もいないし、ラムザなんてホント変な名前だし、女みたい。これは私の意見だし同意する必要はないけど、こんなゴミにムダ遣いしないで。



59人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
・★「FFシリーズの恥」(カリフォルニア州 サンディエゴ)
FF7の後なのにこの落胆といったら。グラフィックなんかセガのメガドライブから出できたみたいだ。これはFFシリーズとそれほど関連もないし、僕が買った中で一番金を無駄にしたサイテーのゲームだ。僕はこれを救世軍に贈ろうとしたけど、彼らもいらないってさ。



キッズレビュー(18歳以下の感想)に低評価が多いので、大人になってからもう一度やってほしいですね。

2人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
・★★★★★「一つ星をつけた奴の言うことなんて聞かないで」(?)
アタシはPS1で出た当時からこれを持ってたし、今でもやってるよ。一つ星をつける奴のいうことって、どれもおんなじなんだよね。「難しすぎる」「いっぱい考えなくちゃいけない」「常に劣勢になる」。あったりまえじゃん、だからファイナルファンタジータクティクスって呼ばれてんの! 歴史上の戦争で、公平な戦いなんか一つもなかったわ。300さえ知らないの?

300〈スリーハンドレッド〉 コンプリート・エクスペリエンス [Blu-ray]



2人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
・★★★★★「瞬く間に名作へ」(地球)
子ども頃は、この独創性やオリジナリティや郷愁を全部は理解できなかった。だからガラクタを貴重品なんかと交換したり売買できるフリーマーケットで売ったんだ。くたびれたGIジョーの人形とソフトヌンチャクとラジコンと一緒に。数年後、僕は人生で何か大切なものを失ったと気づいた。

5件目のダンキンドーナツの前を通り過ぎると、カフェインが欲しくなった。...いや、欲しいのはそれじゃない。僕の記憶を呼び覚ましたのは、その近くでホームレスの男が小銭を恵んでもらうためにジャンジャンならす、空き缶の音だったかもしれない。僕はその男の空き缶が武器に変わるところを空想した。そうやって経験値を稼いでいるところを。可哀そうな男はただ、数枚のコインが欲しいだけだ。僕は空き缶の子守唄に感化されて、その路上の預言者とハイタッチした。ダブルチーズバーガーを添えて。

この宝石が買えることをアマゾンに願った。到着後に開封して光を放つこのゲームから受け取ったものは、単なる自己満足だけではない。時代を超越したこのゲームを、アート作品として競り落したのだ。僕に子どもができて彼らの時代には、皆に一目置かれたければやらざるを得ないような、コレクターアイテムとなろう。



11人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
・★★★★★「 おぼえてるか、親父さんに教えてもらった草笛を?
このゲームストーリーは叙事詩的で、バトルを中心に設計されているため幾分損なわれたところもあるし、戦闘中に会話するときのような、このゲーム形式にまさにピッタリのところもある。物語は「真実を求めて歴史を探る」というテーマで寓話的だ。

たくさんの予期しない出来事が起こり、私は複雑なシナリオの先を推測して、自分の陰鬱な予測が確信に変わったときや、想像以上のひどい結果なったときはただ呆然とした。このゲームはそれほど暴力的なゲームではないが、映画のフィルム・ノワールのような暗い雰囲気をもつ。だがとても奥が深い理知的なゲームで、人間の苦しみの大きさ、権力に溺れがちな人の傾向、個人的な陰謀に加担していく自軍への不信感などを丁寧に汲み取っている。

登場人物のディリータ(懐疑主義と理想主義の矛盾した両面を併せ持つ)は、ニーチェ哲学的で、英雄としてはあまりに達観しすぎて、プレイヤーが彼の非道な野望に共感するのは難しい。文学的観点から見れば、超自然的要素と人間的・政治的物語がうまく絡み合い、ゾディアックストーンを求める者たちの間で、ファウスト的な陰謀が渦巻いている。

このゲームが素晴らしいのは、多くの革新的要素が各所に織り交ぜられているためであり、中世風ファンタジーを描いたこのゲームの視覚デザインは実に効果的で説得力がある。いくつかのキャラはとても人間味があり、この文学的なストーリーの中で、ほんの脇役でさえも自分の役割を見事に演じきっている。




PS3のダウンロード販売で英語版も選べるようになるといいですよね。

以上です。ではまた。


アルティメットヒッツ ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争
スクウェア・エニックス (2009-07-30)




タクティクスオウガ 運命の輪(特典なし)
スクウェア・エニックス (2010-11-11)
売り上げランキング: 1097

関連記事
スポンサーサイト











ブログパーツ アクセスランキング