押井守監督作品「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」の海外アマゾン評価レビューのまとめ和訳

EMOTION the Best GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 [DVD]
バンダイビジュアル (2009-10-27)


先日2.0を見たので、オリジナルの方の海外レビューを覗いてみました。

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(ゴースト イン ザ シェル / こうかくきどうたい)は、1995年11月18日に公開された日本の劇場用アニメ映画。また、リニューアルされた『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0』が、2008年7月12日より全国5都市で公開された。Production I.G 制作。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』。監督は押井守。

他人の電脳をゴーストハックして人形のように操る国際手配中の凄腕ハッカー、通称「人形使い」が入国したとの情報を受け、公安9課は捜査を開始するが、人形使い本人の正体はつかむことが出来ない。そんな中、政府御用達である義体メーカー「メガテク・ボディ社」の製造ラインが突如稼動し、女性型の義体を一体作りだした。義体はひとりでに動き出して逃走するが、交通事故に遭い公安9課に運び込まれる。調べてみると、生身の脳が入っていないはずの義体の補助電脳には「ゴースト」のようなものが宿っていた。

漫画の1巻を原作とする。SF小説的な内容で、アメリカではビルボード誌のビデオ週間売上げ1位となる(1996年8月24日付)。全世界でのビデオ・DVDの売上は130万本(日本経済新聞 2002年7月21日付 朝刊)。


※ネタバレ要素が含まれますので、ご注意下さい。
スポンサーサイト

細田守監督作品「時をかける少女」の海外アマゾン評価レビューのまとめ和訳



以前サマーウォーズを取り上げましたが、こちらもまとめ訳してみました。

時をかける少女』(ときをかけるしょうじょ)は、2006年7月15日に角川ヘラルド映画(現角川映画)から公開された日本のSFアニメ映画。筒井康隆の同名の小説を原作としている。監督は細田守、アニメーション制作はマッドハウス。各国の映画祭などで多くの賞を受賞するなど、高い評価を受けた。キャッチコピーは「待ってられない 未来がある。」

作画上の特徴として、作画に影が用いられていないことが挙げられる。これは監督の細田自身の以前からのこだわりの1つであり、ともすれば記号的に描かれることの多い影を排除することで「アニメのキャラクターではなく生きた人間として見て欲しい」と述べている。

ゲーム「ベイグラントストーリー」の海外アマゾン評価レビューのまとめ和訳

アルティメット ヒッツ ベイグラントストーリー
スクウェア・エニックス (2006-07-20)


PS1時代の最高傑作と謳われた作品。個人的には映画的演出がカッコよすぎて、一生忘れられない作品です。


ベイグラントストーリー』(VAGRANT STORY)は2000年2月10日にスクウェア(現スクウェア・エニックス)よりプレイステーション用ソフトとして発売されたロールプレイング・アドベンチャー。ファミ通のクロスレビューにてプレイステーションで唯一40点満点を獲得(2010年9月時点で累計15本のうちの一つ)、プラチナ殿堂入りを果たしている。

監督・脚本は、クエストで『タクティクスオウガ』を手がけた松野泰己。日本国内販売数約30万本。海外販売数約70万本。廉価版として2002年2月21日に『PS one Books ベイグラントストーリー』。2006年7月20日に『ULTIMATE HITS ベイグラントストーリー』として再発売された。また2009年8月12日からプレイステーションストアからダウンロード販売が開始された。

ジブリアニメ「海がきこえる」の海外アマゾン評価レビューのまとめ和訳

海がきこえる [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2003-08-08)


以前ユーチューブの予告編の海外反応を取り上げましたが、アマゾンの感想もまとめてみました。

海がきこえる』(うみがきこえる、英題:Ocean Waves)は、氷室冴子による小説。また、それを原作として1993年にスタジオジブリが制作したアニメーション作品及び1995年にテレビ朝日系列で放映されたテレビドラマ。

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の海外アマゾン評価レビューのまとめ和訳

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2011-06-24)


時を経て見返すと、また違った印象を抱きますね。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(きどうせんしガンダム ぎゃくしゅうのシャア、MOBILE SUIT GUNDAM Char's Counterattack)は、1988年3月に松竹系で劇場公開されたガンダムシリーズのアニメ映画。宇宙世紀(U.C.)の2人の主人公、アムロ・レイとシャア・アズナブルの最後の対決を描いている。英題の頭文字を取り「CCA」、また「逆シャア」などと略されることもある。

ネオ・ジオン軍のモビルスーツは出渕裕がデザインしている。その他、戦艦のデザインをガイナックスが担当(ネオ・ジオン軍艦艇は庵野秀明、ロンド・ベル艦艇は増尾昭一)。

本作公開直前に、特別番組が放送された。富野は番組の最後で「この作品は35歳以上の方に、特に男性の方に見てもらいたい」と視聴者に向けたメッセージを送っていた。



以下ネタバレ要素が含まれますので、ご注意下さい。

庵野秀明総監督作品「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の海外アマゾンレビューのまとめ和訳




新劇場版:Qの公開予定日(2012年11月17日)も決まりましたね。「破」の英米のアマゾンレビューを抜粋意訳して集めてみました。

ネタバレが含まれますので、ご注意下さい。

細田守監督作品「サマーウォーズ」の海外アマゾン評価レビューの和訳

サマーウォーズ 期間限定スペシャルプライス版 2枚組 [DVD]
バップ (2012-07-11)
売り上げランキング: 35


先日TVでラスト30分だけ見てしまい、ムズムズするので結局借りて全部見たついでに海外レビューを覗いてみました。

※以下ネタバレ要素が含まれますので、ご注意下さい。

三島由紀夫伝記映画「ミシマ」(日本劇場未公開)の海外アマゾン評価レビューの和訳




コッポラ・ルーカスプロデュース、映画「タクシー・ドライバー」の脚本を担当したポール・シュレイダーが監督。緒形拳、佐藤浩市、沢田研二、永島敏行、萬田久子(三上博史や横尾忠則も)などの超豪華俳優陣が出演して当時話題になったそうですが、ご遺族の反対などの諸事情により日本では未だ劇場未公開です。海外の評価も高い(カンヌ国際映画祭最優秀芸術貢献賞受賞)ので、英米アマゾンの感想からご紹介したいと思います。

Wikipediaからの引用
『ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ』(原題: Mishima: A Life In Four Chapters)は、日本とアメリカ合衆国の合作映画。三島由紀夫の生涯を扱った伝記映画。
1985年にアメリカ合衆国などで公開されたが、現在も日本では未公開である[1]。制作は日本のフィルムリンク・インターナショナル、アメリカのアメリカン・ゾエトロープとルーカスフィルム。


以下ネタバレ要素が含まれますので、ご注意下さい。

押井守監督作品「スカイ・クロラ」の海外アマゾン評価レビューの和訳

スカイ・クロラ (通常版) [Blu-ray]
VAP,INC(VAP)(D) (2009-02-25)


怒涛の展開のハリウッド超大作になれた海外の方は、この詩的で深遠なアニメ作品をどう評価したのでしょうか。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
日本が誇るアニメ界の巨匠・押井守監督が手掛けた長編SFアニメ。現代に似たもうひとつの世界。平和を実感するために“ショーとしての戦争”が行われる中、思春期のまま戦闘機のパイロットとなることを余儀なくされた通称“キルドレ”たちの運命を描く。



以下ネタバレ要素が含まれますので、ご注意下さい。

X JAPAN「ART OF LIFE」の海外アマゾン評価レビューとYouTubeコメントの和訳

Art of life live
X JAPAN
ポリドール (1998-03-18)


X JAPANが再結成しておよそ5年。念願の世界進出を果たし、ワールドツアーも一段落して、そろそろオリジナルアルバムを待ち望んでいる方も多いのでは。今回は超大作曲「ART OF LIFE」のYouTubeのコメントと米アマゾンレビューをお届けしたいと思います。



| HOME | 次ページ ≫









ブログパーツ アクセスランキング