アニメ映画「火の鳥 鳳凰編」の神エンディング曲(渡辺典子)。海外の反応


火の鳥 鳳凰編 [DVD]
角川エンタテインメント (2008-04-25)


3つあった動画のコメントから抜粋して載せてあります。

※映画のラストシーンなので、未見の方はご注意下さい。
スポンサーサイト
[ 2012/08/09] 音楽

ゴダイゴが歌う名曲「ガンダーラ」(英語版)に対する海外反応

ゴダイゴ・グレイト・ベスト1 ~日本語バージョン~
ゴダイゴ
コロムビアミュージックエンタテインメント (1994-05-21)



思えば遠くへ来たものですね。

ウィキペディアより
GODIEGO(ゴダイゴ)は1976年に結成され、人気を集めたバンド。日本のプログレッシブロックバンドの草分け的存在。1970年代後半からヒット曲を連発し、日本の音楽に多大なる影響を与えた。

メンバー 
ミッキー吉野(キーボード、ボーカル、バンドリーダー)(1976-1985、1999-2000、2006-)
タケカワユキヒデ(ボーカル、キーボード)(1976-1985、1999-2000、2006-)
浅野孝已(ギター、ボーカル)(1976-1985、1999-2000、2006-)
スティーヴ・フォックス(ベース、ボーカル)(1976-1980、1999-2000、2006-)
トミー・スナイダー(ドラムス、ボーカル)(1977-1985、1999-2000、2006-)
の5人が主なメンバー。
[ 2012/06/10] 音楽

坂本九がTV番組で歌う「上を向いて歩こう」(スキヤキソング)に対する海外反応

上を向いて歩こう
坂本九
EMIミュージックジャパン (2011-07-13)
Amazon.co.jp で詳細を見る


日本の国民的歌謡曲といっても過言ではありませんね。

ウィキペディアより
上を向いて歩こう」(うえをむいてあるこう、別名:スキヤキ、SUKIYAKI)は、坂本九の大ヒット曲。作詞は永六輔、作曲は中村八大、プロデューサーは草野浩二。ビルボード(Billboard)誌では、1963年6月15日に、週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1963年年間ランキングでは、第10位。後に数多くのアーティストによってカヴァーされ、いまだに外国人によるモノマネのネタにもされる。坂本逝去のメモリアルソングとしてもよく用いられる。

九の独特な歌い回しが耳に合わない当時の保守的な日本の歌謡界においては評価は高くなかった。日本レコード大賞にも選ばれていない。だが、この評価は世界での大成功により覆された。

このほか世界約70ヵ国で発売され、総売り上げは1300万枚以上とされる。また1988年までにアメリカのラジオでのオンエア回数は100万回を超えた。
[ 2012/06/07] 音楽



| HOME |









ブログパーツ アクセスランキング